うつ病で困っている人へ

注射器

その特徴と費用のことを知る

最近は、うつ病の患者が増えている傾向にありますが、これは一体何故でしょうか。その理由はいくつかありますが、基本的に自分のやりたいことができていないからです。よく会社員なので、途中でうつ病になってしまう人がいますが、生きる意味を失っていたり、やりたいことができていないときにはそのような傾向があります。例えば、新入社員でせっかく希望している会社に入ったのに、実際には自分の希望している仕事内容とは違ったような場合です。そのような場合には、今まで信じていたものがガラガラと崩れ去り、希望を失い鬱状態に陥ることが考えられます。このようなときには、様々な療法がありますが、近年注目されている方法の1つがトイレ掃除になります。トイレ掃除をすることで、本当にうつ病が治るのかといった心配もあるでしょう。確かに、トイレ掃除とうつ病は何ら関係がなさそうです。ですが、トイレ掃除をすることによりメンタルが鍛えられるのは事実です。あるいは、精神的に安定をする可能性があります。メンタルが良くなる理由の1つは、掃除をするという行為自体があります。トイレとは、もともと綺麗な所ではありませんが、キレイではないところをきれいにすることにより、気分が良くなることが多いです。そこで、まずうつ病になっている場合には1日1回はトイレ掃除をするように心がけましょう。最初はなぜこんなことをするのかわからないと考えても問題ありません。ですが、終わった後に何かを感じるはずです。それを日々繰り返していくと、うつ病だったのに生きている心地すら味わうことができるようになるのが特徴です。

これから本格的にメンタルを鍛えるために、掃除をしようと考えている場合、まず何から準備をしたらよいか問題になります。自宅のトイレがあれば、その自宅のトイレの掃除をして、毎日きれいにするように心がけましょう。掃除が嫌いな人ならば、そこまで毎日やらなくても問題ありません。1週間に2回から3回ぐらいでも問題ないでしょう。まずは慣れていくことが大事になります。トイレの掃除をすることにより、メンタルを鍛えられるもののどれぐらいお金がかかるか気になるところです。トイレ掃除にかかるお金は、ほとんどないと言って良いでしょう。自宅のトイレならば、すでにトイレ掃除の洗浄道具や洗剤等が用意されているはずです。もし用意されていなければ、一式揃えれば問題ありません。それも500円から1000円程度で揃えることができるため、決して金銭的な負担になるわけではないでしょう。もし家族と同居している人は、トイレ掃除をしたいのでトイレ掃除の道具を買ってほしいなどと言えば喜んで買ってくれるかもしれません。ただ、トイレ掃除がだんだんと面白くなってきた場合には、さらに道具を集めるともっと面白くなります。例えば、10年ぐらい使い続けている便器は、水垢で茶色くなってしまっている部分があるでしょう。あるいは黒くなってしまっている部分も見受けられるかもしれません。その分は、通常の洗剤をかけてゴシゴシとこすってところで落ちるものではありません。この場合には、研磨剤のようなものを購入しこすることが大事になります。これにより、ピカピカトイレを実現することができて、精神的にも安定してきます。

カウンセリング

自己決定できる

メンタルヘルスが不安定になっている人は、社会生活でトイレ掃除をすると解決する道が開けるといわれています。心療内科の意思では積極的にトイレ掃除などをすすめるケースがあるのも、メンタルにおける影響がプラスに働くからです。
サロン

トイレを掃除しすぎる病気

1日に何度もトイレ掃除をしているのに気づいたらメンタル面に支障が生じていることを疑って医師の診察を受けてみましょう。カウンセリングによる治療を受けることができ、もし深刻な場合には薬物治療も検討してもらえます。
エステシャン

掃除と精神疾患

トイレ掃除は、メンタルの治療方法として手軽に行えると人気です。鬱や人との関係が苦手な悩み、生活に張りがないと悩むに喪失症状にも効果的なトイレ掃除の活用です。日常生活に張りがない事から倦怠感症状にも効果が出せるトイレ掃除の治療方法です。